熟成

  • 熟成というパネトーネの誘い 四つ切りのパネトーネ

    熟れ行くパンと作家たち 食に関する話で素敵だなあ、と思ったものに雑誌オール讀物の『食べる私』という連載でエッセイスト平松洋子が宇能鴻一郎邸を訪ねるというのがありました。宇能鴻一郎はもちろんあの「部長ったら、スゴイんです…」の官能小説家です。宇能氏は一人で邸宅に暮らし、毎日の食事を調理人に作らせる健啖……

    …続きを読む

    Joji Itaya
    Joji Itaya 2019.02.08