アバター
Hitoshi Miyata

『耕作』『料理』『食す』という素朴でありながら洗練された大切な文化は、クリエイティブで多様性があり、未来へ紡ぐリレーのようなものだ。 風土に根付いた食文化から創造的な美食まで、そこには様々なストーリーがある。北大路魯山人は著書の味覚馬鹿で「これほど深い、これほどに知らねばならない味覚の世界のあることを銘記せよ」と説いた。『食の知』は、誰もが自由に手にして行動することが出来るべきだと私達は信じている。OPENSAUCEは、命の中心にある「食」を探求し、次世代へ正しく伝承することで、より豊かな未来を創造して行きたい。

  • サラダバーの話 サラダ

    今となっては当たり前になった挙句にコロナで一時はすっかり肩身の狭くなってしまった存在が「サラダバー」。 私はこう見えてベジタリアンの次ぐらいに野菜好きだし、かれこれ三十年ほど前に初めてサラダバーというのを体験したのが、西新橋交差点のビルの二階にあるステーキレストラン「VOLKS(フォルクス)」だった……

    …続きを読む

    アバター
    Hitoshi Miyata 2021.12.21
  • 骨董通りの生姜焼き 青山骨董通りリマの牛生姜焼き
    青山骨董通りリマの牛生姜焼き
    国道246(青山通り)と都道412号霞が関渋谷線(六本木通り)の高樹町交差点を結ぶ道路のことを、通称「骨董通り」と呼んでいる。 この骨董…
    アバター
    Hitoshi Miyata 2021.12.20
  • チキンの季節 FOODCLUB金沢のフライドチキン
    FOODCLUB金沢のフライドチキン
    私はなんとなく社会に出てしまったので、就活というものをしたことが無いのだが、いつの間にやらそろそろ終活の年齢に差し掛かろうとしてい…
    アバター
    Hitoshi Miyata 2021.12.18
  • 親父の好きなもの 宮田人司の父
    宮田人司の父
    もうじき、親父の命日という事もあり、忘れてしまう前に、親父が好きだった食べ物をご紹介させて頂きたい。 私は決してFoodieとかグルメイ…
    アバター
    Hitoshi Miyata 2021.04.07
  • 豚肉の生姜焼き 原宿プロペラ通り久保田風豚の生姜焼き
    原宿プロペラ通り久保田風豚の生姜焼き
    『生姜焼きは【久保田】に始まり【久保田】に終わる』。 というのは90年代の原宿で青春を謳歌した人々の間では有名な話で、かつて原宿のプ…
    アバター
    Hitoshi Miyata 2020.08.15
  • 松竹梅のステーキ
    子どもの頃から食い意地の張っていた私は、高校生になってアルバイトをして稼ぐようになってからというもの、その僅かなバイト代が入るとレ…
    アバター
    Hitoshi Miyata 2019.11.02