江戸時代

  • 料理物語 原本現代訳【私の食のオススメ本】

    書名:料理物語 原本現代訳 著者: 作者不詳 平野雅章 訳 発行所:教育社 発行年:1988年 2020年6月9日の和樂WEB(日本文化の入り口マガジン)で「垂れ味噌」と「煮貫」が取り上げられていたのでその出自である日本最古の料理本といわれる「料理物語」を紹介。 魯山人の門下、料理の鉄人で……

    …続きを読む

    Joji Itaya
    Joji Itaya 2020.07.10
  • 剣客商売 庖丁ごよみ【私の食のオススメ本】
    書名:剣客商売 庖丁ごよみ 著者: 池波正太郎 料理/近藤文夫  発行所:新潮社 発行年:初版1991年 池波正太郎のどの時代小説にも…
    Joji Itaya
    Joji Itaya 2020.07.10
  • 落語の食 「味噌蔵」 江戸時代の酒の肴たち 田楽
    田楽
    落語の演目をご紹介しながら、登場する食べ物を紐解いてみる連載です。 居酒屋や小料理屋で、好きな酒の肴をひとつ選べ、と言われると、実…
    Yuhei Nakai
    Yuhei Nakai 2019.09.15
  • 【オススメ店加筆しました】本当のタピオカの話をしよう タピオカを食べる女子の浮世絵
    タピオカを食べる女子の浮世絵
    なぜオッサンがタピオカを食べているのか タピオカ屋にオッサンが!みたいな投稿で荒れたり荒れなかったりした昨今の時代であるが、タピオ…
    Kosei Mitsuishi
    Kosei Mitsuishi 2019.08.01
  • 夏の和食の旬対談 ”江戸時代の食生活”編 江戸時代の浮世絵
    江戸時代の浮世絵
    夏の和食の旬をめぐるOPENSAUCEのメンバーによる対談。氷の話に続き、今回は江戸時代の食生活について。教科書でお馴染みの士農工商につい…
    Riff編集部
    Riff編集部 2019.07.22
  • 夏の和食の旬対談 ”鮎” 後編 鮎
    鮎
    夏の和食の旬を掘り下げる対談。OPENSAUCE運営の、金沢・片町にあるスナックパンチで繰り広げられています。 トマト編、アワビ編、鮎編、タ…
    Riff編集部
    Riff編集部 2019.07.10