スペイン

  • 金のなる木のあったころ チョコのお話 第一夜 木になったカカオの実

    15世紀から16世紀、現在のメキシコのある場所にはアステカ帝国時代が繁栄していた。そのアステカ帝国では、金のなる木が栽培されていたのである。 もう題名からもわかる通り、それはチョコレートの原料であるカカオのことである。 日本が石高制で武士の給与換算が米でなされたように、アステカでもカカオが給与になっ……

    …続きを読む

    Kosei Mitsuishi
    Kosei Mitsuishi 2020.06.28
  • ピンチョス360°【私の食のオススメ本】
    書名:ピンチョス360° all about finger food 著者: ホセ・バラオナ・ビニェス 発行所:柴田書店 発行年:初版2013年 スペインの有…
    Joji Itaya
    Joji Itaya 2020.06.23
  • 旬と和食と日本人
    冬編 ② カブと大根
    大根とカブのイラスト
    大根とカブのイラスト
    金沢でも雪景色はまだ顔を見せぬ暖冬とはいえ、寒さはやはり身体に沁み入ります。 片町の片隅にあるスナックパンチで今宵も交わされる、OPE…
    Riff編集部
    Riff編集部 2020.01.28
  • 夏の旬対談 タコ編 タコの足
    タコの足
    OPENSAUCEのメンバー、料理人・髙木慎一朗と歴史学者・三石晃生による夏の旬の対談。ミズダコの旬は夏、マダコは冬と夏、ということから話…
    Riff編集部
    Riff編集部 2019.07.05
  • 【後編】金沢を抜きに「美食の街」は語れない サン・セバスチャンの橋に立つ髙木慎一朗
    サン・セバスチャンの橋に立つ髙木慎一朗
    前編はこちら 献立を考える3つのポイント さて今回の映画祭に提供する献立を考えるにあたってのポイントは以下の3点でした。 お客様との関…
    Shinichiro Takagi
    Shinichiro Takagi 2018.12.26
  • 【前編】金沢を抜きに「美食の街」は語れない 髙木慎一朗のサンセバスチャンの朝
    髙木慎一朗のサンセバスチャンの朝
    世界中に「美食の街」と呼ばれる街は数々あります。さっと思いつくのはパリ、リヨン、香港、ローマなどでしょうか。これらは美食の街として…
    Shinichiro Takagi
    Shinichiro Takagi 2018.12.19