中国

  • とうがらしの世界【私の食のオススメ本】

    書名:とうがらしの世界 著者:松島憲一 発行所:講談社 発行年:2020年 6000年前にはすでに食されていたのではないかという唐辛子は、1492年まで中南米のみで栽培されていてコロンブスによって世界へリリースされた。そして日本には1500年代にポルトガル人によって伝えられたという説や、秀吉の朝鮮出……

    …続きを読む

    Joji Itaya
    Joji Itaya 2021.01.04
  • 沖縄と昆布の特にオチのない話。 昆布
    昆布
    日本人なら誰しも、一度は沖縄に移住してみたいと思ったことはないだろうか。私は、ある。 今から20年ほど前に那覇ではなくて、沖縄本島の…
    Kosei Mitsuishi
    Kosei Mitsuishi 2020.09.29
  • 鳴き声以外は全て食べられる 〜沖縄の豚食の話〜 沖縄の豚肉ソーキ
    沖縄の豚肉ソーキ
    以前、銭屋の髙木さんとの対談で江戸時代の肉食について話したことがあったのだけれど、この当時の琉球王朝は肉食文化だったのである。 沖…
    Kosei Mitsuishi
    Kosei Mitsuishi 2020.09.03
  • 越境した中国チチハルの味。 母子の味が伝えるもの。 後編
    2019年12月も後半に差しかかった頃、RIFF編集部は日本では馴染みが薄かった中国・東北地方の料理店を先駆的に始めた梁宝璋(りょうほうしょ…
    Riff編集部
    Riff編集部 2020.07.27
  • 越境した中国チチハルの味。 母子の味が伝えるもの。 前編
    金沢から東京・JR御徒町の高架下にある『老酒舗』という店に向かったのは2019年12月も後半に差しかかった頃。日本では馴染みが薄かった中国…
    Riff編集部
    Riff編集部 2020.07.26
  • 「沈夫人の料理店 1」【私の食のオススメ本】
    書名 沈夫人の料理店 1 著者 深巳琳子 発行所 小学館 発行年 2009年 中国料理というものには不思議なエロティックさが漂っています。 …
    Joji Itaya
    Joji Itaya 2019.08.14