Katsuhiko Takabatake
Katsuhiko Takabatake

まってましたと期待の一品を口に運び、驚きも含む喜びの表情が産まれるような食体験。食べ歩きが高じて飲食業を営み、提供する方される方の両面でそれを体験してきました。いつまでも記憶の中で反芻するような、幸せな食体験がもっと生まれるように。そして誰にでもそれが体験できるように。期待したい期待させたい。もっともっと!と思いたい思わせたい。だから食に携わる人々が、交流し、研鑽し、クリエイティビティを遺憾なく発揮できる環境構築を日々考えています。

  • 現在、記事はありません。